1. 年賀状印刷(2022年寅年)トップ
  2. 年賀状のお役立ち情報
  3. ~写真入り年賀状担当者に聞くシリーズ第2回~意外に知らない!?富士フイルムの年賀状印刷の楽しみ方
  • LINE

スペシャルインタビュースペシャルインタビュー

~写真入り年賀状担当者に聞くシリーズ第2回~
意外に知らない!?富士フイルムの年賀状印刷の楽しみ方

富士フイルムの年賀状印刷の楽しみ方

※このコンテンツは、2015年に作成されたものです

毎年、500種類以上ものテンプレートを用意する富士フイルムの年賀状印刷。一体、どんなふうに作られているのでしょうか。

富士フイルムの年賀状印刷を担当する4人のメンバーに、年賀状の現場の裏話を聞く第2回!

今回は社員にも意外と知られていない!?富士フイルムの年賀状印刷ならではの特長を教えてもらいました。知れば年賀状作りがもっと楽しくなります!

富士フイルムの年賀状印刷のこれから

―年賀状市場は微減傾向が続いていますが、富士フイルムは前年超えを続けていますね。

小川さん

小川

さきほどもいろいろ言いましたが、やっぱり時代の流れを先取りしつつ、次々に新しいコンテンツを提供しているのが一番の強みかなと思うんです。

「LETTERS」もそうですが、年賀状業界のなかでも、新しいことにチャレンジしている会社というイメージがあると思います。店頭受付機やスマホのアプリを整備して、注文しやすい環境づくりにも力を注いでいます。

「スマホから注文できる」「パソコンからも注文できる」というところはたくさんありますが、その両方から注文ができてさらにデータは同期していてどこからでも編集の続きができるというのは、実はまだあまり多くない。そういった細かい部分まで配慮しているという点には自信があります。

それに加えて高い品質や自動補正という技術もある。写真入り年賀状に関しては最大シェアだと考えており、今後も拡大していきたいです。
―シェア拡大のために具体的に考えていることはありますか?

小川さん

小川

写真入り年賀状は、20~30代のファミリー世代がメインターゲットです。

お子さんが大きくなっていくと、写真を撮らなくなる方も増えますが、そういう方に向けて、写真不要の年賀状印刷にも取り組んでいます。

一方、写真入り年賀状を作り始めるのは、結婚や出産がきっかけになる方が多い。その世代はスマホでの撮影が多かったり、「LETTERS」のようなデザインを求めている方々。

写真入り年賀状を作り始める世代と、卒業していく世代、どちらにもうまくアプローチできたらと考えています。

インタビューより富士フイルム年賀状のポイントまとめ

  • ● 富士フイルムならではの写真印画紙仕上げによる高画質
  • ● 自動補正機能「イメージインテリジェンス」で人肌もより美しく見える
  • ● 住所氏名の文字の書体や色を変えたり、スタンプを押したり、編集の自由度が高い(※一部テンプレートをのぞく)

>>前のページへ

おすすめ!年賀状記事

もっと見る

おすすめ!年賀状記事

おすすめ記事をもっと見る

もっと見る

  1. 年賀状印刷(2022年寅年)トップ
  2. 年賀状のお役立ち情報
  3. ~写真入り年賀状担当者に聞くシリーズ第2回~意外に知らない!?富士フイルムの年賀状印刷の楽しみ方

その他のサービス

FUJIFILM Print&Gifts
フォトブック
PHOTO CALENDAR COYOMI
PHOTO PRINT 写真プリント
WALL DECOR(ウォールデコ)
DVDダビングサービス
Photo Bank
フジフイルムモール
かぞくのきろく
Fontgenic
  • © Disney
  • © Disney/Pixar
  • © Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A. Milne and E.H. Shepard.
  • © Nintendo
  • © Peanuts Worldwide LLC www.snoopy.co.jp
  • © 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L624801
  • © 2021 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
  • © Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  © Pokémon
  • © Benesse corporation 1988-2022 /しまじろう
  • ® ™ © Kellogg Co.
  • © 阪神タイガース
  • ™ & ©2021 Penguin Random House LLC.All rights reserved.
  • ©MICHIKO TACHIMOTO 2021
  • ©2021 Kiyomi Saito/CWC TOKYO