2018年 年賀状カタログのカテゴリーから探す
  1. ホーム
  2. マナーから文例まで!年賀状お役立ちガイド【保存版】
  3. おしゃれに見える!年賀状の写真とテンプレート選び方

おしゃれに見える!
年賀状の写真とテンプレート選び方

写真入りの年賀状はテンプレートとの組み合わせ方によって、印象がガラリと変わり、落ち着いた雰囲気にもカジュアルな印象にもなります。送る相手によって使い分けても楽しいですね。年賀状に使う写真とテンプレートの選び方のヒントをお伝えします。

テンプレート選びでは写真の背景をチェック!

子どもや家族など人物が入った写真は、明るく白っぽい背景だとすっきり見え、キャラクターやにぎやかなテンプレートにもよく合います。室内で撮るなら、白い壁の前やレースカーテン越しのやわらかな光を使うのがおすすめ。もし適当な場所がなければ、背景はなるべくぼかし、生活感が出過ぎないように注意します。

旅行やイベントといった近況報告の写真では、ある程度は背景も入っていると様子が伝わりやすくなります。テンプレートのデザインは服の色や背景にあった色使いのものを選ぶときれいに見えます。

風景写真や人物が主役ではないポストカード風の写真は、写真を大きめに配置できるシンプルなテンプレートを使うと写真映えします。背景部分に手書きのメッセージを書いても素敵ですね。

写真に写っている人物はここをチェック!

必ずしも満面の笑みである必要はありませんが、見た人が幸せな気持ちになれるような一枚を選びたいですね。家族の集合写真はどうしてもカッチリした印象になるので、相手によってはカジュアルなテンプレートを選んだ方が親しみを持ってもらえます。

ピンボケやブレがないかも確認します。とくに家族写真では全員の顔にピントを合っているかをチェック。屋外で撮った写真は直射日光だとまぶしそうな顔をしていることもあります。木陰などがあれば利用すると顔に強い影が出にくくなり、まぶしさが軽減されて表情もよくなります。ちなみに写真によってはピンボケも味になり、やわらかい雰囲気を出してくれることがあります。

2枚以上使うときの写真の選び方

選びきれない人や使いたい写真がたくさんある人には2枚以上配置できるテンプレートがおすすめ。子どもや家族の写真を使う場合、1枚を子どもだけの写真にしたら、1枚は家族の集合写真にすると家族の雰囲気がより伝わり、もらった人に喜ばれます。

子どもが小さいうちは家族全員がいい表情した写真があまりないかもしれません。その場合は、家族の人数以上の写真が載せられるテンプレートを選び、一人一人のベストショットを載せるのもテクニックのひとつ。また、子どものおちゃらけた表情はメイン写真としてより、アクセントとしてサブ的に使うほうが落ち着いた仕上がりになります。

使いたいテンプレートがあるのに写真が足りないときは、シンプルな空や海など背景のみ写真を入れて、メッセージ用のスペースにしてもおしゃれです。

かんたんに作れて
驚くほどきれいな写真年賀状
好きなデザインと写真を選ぶだけ

近況をストレートに伝えてくれる写真年賀状。
スマホやデジカメで撮りためた日常、旅行やおでかけなどで撮ったとっておきの写真を使って、新年のあいさつをしませんか?

シェアする

富士フイルムのインターネットサービスいろいろ

My Calendar 2017
Year Album
fotonoma
マイフォトボックス
フォトブック
ネットプリントサービス
フジフイルムモール