2018年 年賀状カタログのカテゴリーから探す
  1. ホーム
  2. マナーから文例まで!年賀状お役立ちガイド【保存版】
  3. 脱マンネリ!おもしろオシャレな家族写真の年賀状アイデア10

脱マンネリ!おもしろオシャレな家族写真の年賀状アイデア10

家族写真入りの年賀状をもらうとうれしいですよね。今年は、構図やデザインにこだわってみてはいかがでしょう?初笑いを狙ったおもしろ写真から、「さすが!」と言われるおしゃれ家族写真など。自慢の家族写真を撮るアイデアをご紹介します。

おしゃれ!おもしろ!家族写真を撮るアイデア10

年賀状の家族写真は特に奇をてらう必要はありませんが、ときにはこんな年賀状も楽しいですよ。

家族みんなで撮影するのも盛り上がります。

1. ペアルック

服の色やテイストを合わせるだけで、「家族」というひとつのチーム感がアップ。完璧なペアルックではなくても「デニムにボーダーの長袖Tシャツ」など、大まかなところを合わせるだけでもOKです。

2 .遊び心のある横並び

集合写真の定番である横並びも、立つ位置にこだわるだけで印象がだいぶ変わります。みんなで手をつないだり、逆にあえて少し広めに間隔をとったりすると、「おっ!」と目をひく写真になります。

3. 何かを手に持つ

何かを手に持つとポーズがきめやすくなります。
羽子板などの正月らしい小物でもいいですし、「謹賀新年」や「20xx」という言葉を一文字ずつ紙に書いて持ち、つなげて読めるようにしてもおもしろいですね。できれば、このときもペアルックやテイストの近い服にしておくと、ごちゃごちゃした印象にならず見やすいです。

4. あえての縦並び

もちろん、横並びにこだわらなくても大丈夫。集合写真は横並びが多いので、縦並びというだけでも新鮮。小さなお子さんを一番前にして少しずつ左右にずれて顔を出したり、公園の滑り台を利用して縦のラインを作ったり。家の中なら階段やソファも使えます。子どもが小さければ肩車をしても高さが付けられますよ。

5. 上から撮る

並ぶ場所ではなく、撮る場所を変えるのも一案。正面から撮りがちな家族写真も視点が変わると、また違った印象になります。庭にいるところを2階の窓から撮ってもらったり、三脚を利用して座っているところをとったり、工夫次第でいろいろなシーンが写せます。

6. 円陣を組む

円陣を組んで下からとる構図も新鮮。このときフラッシュを使うと顔が暗くなりません。もし撮ってくれる人が別にいるなら、床に円状になるように寝転んで、上から撮ってもらうのもラクです。

7. 思い切ってジャンプ!

新年に向かってジャンプするイメージで。できれば、広々とした公園の芝生や河川敷のような背景がすっきりした場所でやると、清々しい印象になります。家族みんなで手をつないでジャンプするのも一体感が出ていいですね。

8. みんなで同じポーズ

手を高くあげたバンザイのポーズをとったり、指でハートを作ったり、いろんなポーズが考えられます。みんなでおそろいのポーズをとるという行為自体も楽しいですね。子どもが好きなポーズを選べば、家族みんなのポーズがちゃんと揃います。

9. 家族で干支の仮装

本気な仮装からプチ仮装までやり方はいろいろ。干支のお面を作って頭にのせるだけでも、かなりそれらしくなります。本気になればなるほど、相手にも楽しさが届けられそうですね。

10. 人文字で年号を作る

最後はちょっと難しいアイデアですが、人文字はいかが?4人家族なら各自が1文字ずつ作ってもいいし、1文字を複数の人で作って後から写真を組み合わせるのもあり。白い壁などを背景にすれば、写真を合成してもあまり気になりません。そのとき顔はカメラを向いて、とびきりの笑顔も忘れずに。やりながら家族の絆も深まりそうです。

かんたんに作れて
驚くほどきれいな写真年賀状
好きなデザインと写真を選ぶだけ

近況をストレートに伝えてくれる写真年賀状。
スマホやデジカメで撮りためた日常、旅行やおでかけなどで撮ったとっておきの写真を使って、新年のあいさつをしませんか?

シェアする

富士フイルムのインターネットサービスいろいろ

My Calendar 2017
Year Album
fotonoma
マイフォトボックス
フォトブック
ネットプリントサービス
フジフイルムモール