2018年 年賀状カタログのカテゴリーから探す
  1. ホーム
  2. マナーから文例まで!年賀状お役立ちガイド【保存版】
  3. 新社会人必読!上司や先輩、同僚への年賀状の書き方

新社会人必読!上司や先輩、同僚への年賀状の書き方

社会人として出す年賀状はビジネスマナーを意識する必要があります。公私共にお世話になっている職場の同僚と取引先相手では、書くべき内容や年賀状のスタイルも変わります。職場の人への年賀状も、いつも顔を合わせているからこそ内容にひと工夫したいですね。

そもそも職場の上司や同僚に年賀状を出す必要があるの?

毎日顔を合わせている上司や同僚だからこそ、改めて年賀状で日頃の感謝の気持ちを伝え、新しい年の変わらぬおつきあいをお願いします。口頭でも挨拶はできますが、年賀状なら面と向かって口にするのが照れくさいような感謝の気持ちもストレートに伝えられます。

年賀状事情は会社によって違いますが、なかには送り合うのが慣例になっているところもあります。そういうときは周りに合わせて出しておくと、あとで気まずい思いをしなくてすみますね。

ビジネス相手に写真入りの年賀状はOK?

子どもやペットなど写真入りの年賀状を送るのは、親しい友人や親族までにとどめておきます。

ただし、ビジネス相手でも家族ぐるみでお付き合いしている場合や個人的に結婚祝いや出産祝いをいただいた場合など、写真入りの年賀状が喜ばれるケースもあります。相手との関係性によって臨機応変に対応したいですね。

内定先には年賀状を出したほうがよい?

結論からいえばどちらでもOKです。出すとしたら宛先は人事部へ。親しくなった人事担当者がいればその人宛てに出し、とくにいなければ「人事部御中」とします。なかには会社側が内定者に年賀状を送ることもあります。もらえば嬉しいものですから、悩んだら書いてもよいと思います。

先生同士の年賀状のマナー

ビジネス年賀状ですから、比較的かためのあらたまった形式がおすすめです。校長や教頭に送る年賀状は、今後の指導のお願いや抱負などの内容が適しています。同僚には多少カジュアルなものでもOK。日頃の感謝などを伝えたいですね。先生同士で自宅に送る場合、敬称は先生ではなく「様」を使います。

送る人別! 会社の年賀状で気を付けるポイント

上司・先輩に送るとき

上司や先輩への年賀状は、少々かための表現が適しています。ただ、相手との関係によっては、あまりに丁寧すぎると逆に失礼な感じに受け取られることもあるので注意します。内容は日頃の感謝と今後の意気込み、さらなる指導や力添えへのお願いなどが適しています。共に手がけた仕事の話題など具体的なエピソードを交えると心に残ります。敬語が正しく使えているかもチェックしておくと安心ですね。

同僚に送るとき

日頃お世話になっていることへのお礼や仕事でのエピソードなど、できれば同僚ならではの話題や共有できる気持ちなどを入れます。同僚なら、多少くだけた表現もありです。

部下・後輩に送るとき

仕事で評価している点、今後の活躍に期待する言葉などがふさわしいです。仕事の未熟さを指摘するような内容は避けたほうがよいと思います。

取引先に送るとき

会社が用意する統一デザインがあればそれを使用します。部署や肩書きは変更になっていることも多いので、最近やりとりしたメールの署名や名刺の再チェックを忘れずに。遅くとも仕事始めには届くよう、早めの準備を心がけます。

【関連記事】

>取引先や顧客に出す年賀状、これだけは押さえておきたい3つのマナー

年の初めは写真年賀状で“笑顔”のご挨拶

かんたんに作れて驚くほどきれいな写真年賀状好きなデザインと写真を選ぶだけ

シェアする

富士フイルムのインターネットサービスいろいろ

My Calendar 2017
Year Album
fotonoma
マイフォトボックス
フォトブック
ネットプリントサービス
フジフイルムモール